英会話

【TOEIC】一ヶ月で600点越え[1日1分レッスン!新TOEIC TEST千本ノック!]と具体的な勉強方法紹介

社会人が転職や就活のきっかけとしてTOEIC受験しました。当然働きながらのスキマ時間に学習するのですが、それでも一ヶ月で600点オーバー高得点と素晴らしい結果報告をしてくれました。

本日は彼の体験談の紹介エピソードです。学習方法や使った参考書、勉強を進める中でもテクニックを教えてくれたので、この記事内で紹介します。

TOEICの面白い点は、ハイスコアの人のやっていることを真似するだけで本当に得点を取ることができます。ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

【社会人向け】TOEIC一ヶ月600点とる方法紹介

f:id:buchibuchi4647:20171018114903p:plain

TOEICを受験したきっかけは、転職を意識して何か武器を作りたかったからです。

もともと留学経験もあって、英検だったら準一級レベルはあるんですが、転職だったらやっぱりTOEICが強いと聞いたので、チャレンジすることにしました。

私は英会話はそれほど大変じゃないです。なぜなら、留学時代に耳を作ったので、聞き取るのはさほど大変じゃないからです。

あれは英語しかない環境で3ヶ月過ごせばだれでも聞き取れるようになります。あと、英語にはコツがあって、単語さえ知っていればどうにかなります。日本語よりシンプルな言葉なので、難しく考える必要ないです。

おすすめ勉強法

f:id:buchibuchi4647:20170826212308p:plain

高得点を取るための王道は、TOEIC公式問題集を買ってきて、繰り返し問題を解くことです。こうすることで、本番のペースもつかみやすくなります。

あとは、中村澄子先生の「TOEICクラブすみれ塾」に通う。これがもっとも効果的でした。

また、中村先生のシリーズ本で頻出単語を勉強する。とにかく中村先生を信じてついて行けば絶対にスコアが上がります。なぜなら、先生自身が毎回TOEICを受けていて、どういう問題が出るか?次回でそうな問題は何か?など、懇切丁寧に教えて下さる上に、教室生にはオリジナル問題集ももらえます。

テストを受けるときのすごく役に立つ具体的なテクニックも教えてもらえます。ここまで教えて下さる塾は他に無いと思います。

テクニックやコツを紹介!初心者は絶対に読むべき!

f:id:buchibuchi4647:20190317092726j:plain

まず、リスニングパートの鉄則は、「最初に問題を読む」です。

言われてみると当たり前なんですが、ネイティブじゃない人がまず聞き取りをして、それを記憶しながら英文を読んで選ぶというのは無理なんです。

なのでどうするかというと、先にざっと問題を読んでしまい、それを踏まえながら聞き取れば、あらかじめ問題が分かっているからすごくやりやすいです。

語彙問題はとにかく単語を覚える。これは問題集を使ってコツコツやりましょう。パート5の読み取り問題は、全問正解は不可能なので、ざっと見て、解きやすい問題を解いて、後半で時間がなくて無理だったらとにかく全部マークシートを埋めましょう。

まぐれで当たっている可能性がありますから、埋めなかったら可能性ゼロなので、無回答はやめましょう。

600点の壁を越えるための参考書

 参考書の使い方

私が中村澄子先生のシリーズを強くおすすめする理由は、実際に彼女の塾で学んで、初受験で600点台だったのが、その後830点になったからです!

とにかく「すみれ塾」はすごいです!ここはTOEICのスコアがどうしても必要なビジネスパーソンの最後の駆け込み寺みたいな所なので、通ってきている人の気合いも全然違います。

そうした生徒達からの熱望に先生は常に応えてくださっているので、今もちゃんとご自身がTOEICを受けていて、そしてテストの傾向を分析して、それに対する戦略を立てて、テストに出る問題を予想して出してくれるからです。

具体的な勉強法としては、まずは過去問を沢山解く、リスニングはまず文章を先に読んでから聞き取るようにする。頻出単語を覚える。これを地道に繰り返すことです。

メリットとデメリット

f:id:buchibuchi4647:20190317061754j:plain

私は中村先生の指導法はすごくメリットがあると思います。何が良いかというと、ちゃんと「TOEICでハイスコアを取ること」にフォーカスしているので、そのために必要なことがきちんとそろっていて、ムダなことをしなくて済むからです。

以前、別な教室で勉強したことがあるんですが、そちらはビジネス全般の良くありそうなシチュエーションを学ぶ方式だったので、今にして思うと、TOEICとはちょっとズレていました。

デメリットは、「すみれ塾」は本当に大人気なので、入塾したい場合はホームページを常にチェックして、生徒募集をかけた瞬間にクリックしないと売り切れる場合があるので、まるでコンサートのチケット取得並に気合いが必要な事です。

試験前の準備として

試験前の対策としては、当たり前のことですが、時間には余裕を持っていきましょう。大体受験会場は近くの学校ですが、大学だと広いしどの建物か分からなくて迷う場合もあるから、早めに行くのがおすすめです。

そして、受験室に入ったら出来るアドバイスとしては、まず、音が聞き取り辛い場合は我慢しないで席をかえてもらいましょう。

また、冷房が効きすぎて寒かったり、逆に暖房が暑すぎる場合もあるので、調節できるような服装で行きましょう。

おわりに

この記事を参考に勉強を進めていただければもちろん上がります。すでに「どうしてもTOEICで700点台取りたい!」と相談してきた友達に中村先生のすみれ塾を紹介したこともあります。

彼女はキャビンアテンダントを目指していて、入塾して勉強して結果出しました!私も中村先生にたどり着く前までは他の教室で学んだこともあったんですが、どれもちょっとピント外れでしたが、ここが一番合理的でTOEICテスト対策に特化しているのでお勧めします。

ABOUT ME
positivepower
positivepower
英会話に無駄な勉強してませんか?余計なことを削ぎ落としミニマリストを意識して最短ルートで英会話を取得しましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。