英会話

独学・無料に特化した英語をスキルアップする方法紹介

英検準一級レベル対象。二級から準一級へのスキルアップについて。

英検二級なら高校で取得できると思うが、そこから独学で中級を目指す場合について。独習方法と無料の英語学習方法について。「無料」でスキルアップする方法。

独習方法と無料の英語学習方法について。「無料」でスキルアップする方法

高校教育と独学で英検二級は比較的簡単に取得できたが、準一級となると最初は全く歯が立ちませんでした。普通の書店で売られている参考書などの費用以外お金をかけずに勉強していましたが、5年ほど経ってもほとんど実力はついていなかったと思います。

独学で一人で単語を暗記するなどしても、二級から準一級へのスキルアップは今思うとどう考えても無理だったと思います。

そもそも英検準一級などの中級レベルの問題は全くレベルが高すぎて勉強が噛み合いませんでした。時間をかければいい、努力すればいいというものではないのです。

単語を必死で暗記しても、暗記と言う作業をしていただけで、英語の力は伸びていなかったと思います。準一級の過去問題などにも手を出していましたが、ほとんどわからないので勉強法として失敗していたと思います。ただ問題文と解答を書き写すだけになっていました。

日本語教師ボランティアと、ハローワークの職業訓練の英語系コース

私のおすすめの「無料」英語勉強法は、日本語教師ボランティアと、ハローワークの職業訓練の英語系コースです。

私は日本語教師ボランティアを経験しましたが、それが難しいなら外国人支援ボランティアなどでも良いと思います。

私はたまたまプロの英語教師を教えることになり、学習者に英語と日本語で授業を行った。月に1~4回ですが、実際に外国人とスピーキングすることで英語の力が伸びた実感があります。もちろん、独習で単語などを覚えていなければそういうこともできなかったと思いますが。

授業が終わると、学習者は私に英語を教えてくれました。私は当時英語の堅い難解な文章の読解に悩んでいましたが、学習者は難解な文章でも言いたいことはシンプルなはずなのでそれを念頭に置いて読めと私に教えました。

ハローワークの職業訓練は貿易事務のコースに3カ月ほど通った。英語の授業があったので、プロの授業を受けられ、一助になったと思います。ハローワークの職業訓練は無料です。

リーディングのコツ

リーディングは、まず最初のパラグラフを丁寧に読むことが重要であると私は思います。何についての話題かを理解できるまで読み込む。第一パラグラフでそれがわからなければ、第二パラグラフも丁寧に読む。

そこで自分の既知の学説や得意分野であることがわかれば、それ以降はそんなに丁寧に読む必要はありません。あとはクエスチョンの答えを探して斜め読みする。自分がいまいちよく知らない話題であったら、全体的に要領を得るまで読む必要があるかもしれません。読みながらなんとなく話の流れを理解することが一番のコツです。

日本語・英語の論文やエッセイなど沢山の文章を読めば推測する力を養うことができるはずです。また、英語の映画やドラマなどでも英語圏の人々の思考回路やクセを知ることができると思います。

リスニングのコツ

リスニングのコツは、とにかくリスニングとスピーキング練習をすることです。私自身、読解が得意でリスニングはものすごく苦手でした。リスニングは独学で英検準一級レベルまで上達するのは無理かもしれないですね。

しかし、少しでも英語を使える職場などに行きたいと願っても、英語のレベル証明などが求められるのが現実なので、お金をかけずに英語勉強するならば、独学である程度のレベルに達する以外、さらに英語上達できる機会を得ることもできないのです。

私は英語の映画やドラマを日本語字幕・英語字幕両方付けて毎日二本以上観ました。そうすることで単語などの意味も日本語で理解でき、語彙も増えました。とにかく好きなドラマなどを観て無理せずたくさんの英語に触れることがコツです。

文単

「文単」シリーズは文章で単語を勉強するという単語勉強用教材です。

英検のレベル別に、英検の出題範囲に合った単語を含む文章が集められています。これが読み物として非常に面白い文章ばかりなのです。

科学・社会・医療・環境など、多岐に渡るテーマが扱われています。また、CDも付いていて、文章をそのまま読み上げてくれます。

私はこのCDを、5倍遅い速度で回せるという語学学習向けのスピーカーで、ゆっくり流して、言葉を聞き取りながらノートに文章をそのまま書き写し、単語は暗記するまで書いて壁などに貼るということをやっていました。

また、家事等をしながらCDを流していた。これを、失業しているときに、一日4本以上やるようにしていました。何度も書いたり聞いたりしているうちに、文章の隅々まで理解できるようになります。

「文単」のメリット

「文単」のメリットはなんといっても、題材が非常に読み応えがあり面白いことです。

堅い話題ばかりですが、それは英検の出題傾向に添っています。そしてCDが付属しているのもありがたかったです。読書のようなワクワクした気分で英語学習ができるので、これは非常にメリットです。私はこの勉強法で英語に慣れ親しむことができたと思います。

デメリットは、問題というものがなく、英検の出題範囲に合う単語を含む文章が収められているだけなので、これをやっても実力がついているのかわからないところです。

時間内に解答を出すテクニックや、長文の賢い読み方ということは学べません。リスニングにしても本気で点数を上げたいと思うなら、もっとテクニックを紹介した参考書を読むべきです。

まとめ

途中までは苦しいけど、中級に差し掛かるとあるとき急に上達のスピードが速くなります。そうなれば英語を使う職場などに行くことも可能です。

そこに行きつくまで、「無料」で英語学習したいというなら、できることは非常に限られているのではないでしょうか。私が上述した方法より有効な方法がそんなに多くあるとは思えません。

ABOUT ME
positivepower
positivepower
英会話に無駄な勉強してませんか?余計なことを削ぎ落としミニマリストを意識して最短ルートで英会話を取得しましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。