英会話

英会話を最短ルートで身につける勉強方法「習うより慣れろ効率的か?」

英会話を身につけるにはどうしたらいいのか?その答えは意外と簡単で、実践の場で繰り返し自分の英語力を試してみることが大切なのかもしれません。

その中で、成長し自分の英語力が伸びていくのかもしれません。今回は、テキストなどに使わず、実践経験のみで英会話を最短ルートで身につける方法を紹介します。

英会話を身につける方法は実践経験?

OmarMedinaFilms / Pixabay

私は町で外国人を見つけたことがありました。そして私に相談をしてきて驚きました。それは記憶の中では駅の中のことでした。しかし英語が分からなくてニュアンスで伝えました。すると相手も理解したように思えました。

その後になって外国人が間違った場所に行っていたので、個人的に悪いことをしたと思いました。このエピソードがあって知り合いの外国人を頼るようになりました。実際に英会話学習では本格的なものが良かったです。それはテキストだけでは英会話学習にならないためです。

eikaiwa

自分の英語力を街中で実践する方法

mohamed_hassan / Pixabay

おすすめしたい英会話学習の勉強法は実際に外国人を相手にすることです。私は英会話学習で知り合いの外国人を頼ったことがあります。家族も一緒になって勉強することができて良かったです。

また外国人を相手にしていたので実用的でした。例えば英会話を実際に町中で使ったこともあります。それは知らない外国人を相手にした時のことです。このように英会話学習では外国人との触れ合いが大事です。その勉強法なら素早く力が身につくと思います。

英語力と一緒に自身もつけることができた

TeroVesalainen / Pixabay

私はこの勉強法で自分を変化させることができました。実際に外国人を相手にすることも平気になりました。以前は知らない他国の人には恐怖感があったと思います。それが小さくなったので勉強法を試して正解でした。

また自分で外国人を相手にすることも大丈夫だと思いました。これは大きな変化で自信があるのだと思います。英会話学習で力が発揮できると大きな自信が得られます。私は新しい勉強法で実力を得たので、日常でも英語を使えるようになったと感じます。

メリットとデメリット

勉強法のメリットは実際に会話に役立つことです。私は外国人を相手にしても慣れていると思います。この勉強法なら外国人とのコミュニケーションが楽になります。なぜなら実際に勉強法の中で英会話をしているためです。

デメリットは人によって英会話が成立しない部分です。なぜなら同じ相手と英会話を繰り返すためです。つまりその相手としか上手くコミュニケーションができないこともあります。臨機応変に英会話をするためには経験も必要です。

まとめ

この勉強法は積極的にならないと駄目なものです。つまり英語を上手くするために個人的な努力も必要だということです。この勉強法を使えば外国人を相手にして臨機応変な対処ができます。英会話なので文字を扱っても上手くなることはないのです。

だから本物の人間を相手にして英会話を進めるべきです。重要な部分は本人が持っている英語を上手く活かすことです。また、この勉強法の中で単語を組み立てる力も養えます。ちょっとでも面白そうだと思うなら実践してみてください。

ABOUT ME
positivepower
positivepower
英会話に無駄な勉強してませんか?余計なことを削ぎ落としミニマリストを意識して最短ルートで英会話を取得しましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。