英会話

英語力向上は「ネットフリックスを使ったシャドーイング」が一番効率的な勉強法

TOEIC600点程度の英語レベルを保有している人向けになります。英語の勉強方法はネットフリックスを使ったシャドーイングになります。

これは好きなドラマや映画、アニメに英語字幕を付けその英語を発音しながら視聴を行うというものになります。

ネットフリックスを使った勉強法とは

私は以前都内のホステルでアルバイトをしていました。ホステルには日本に旅行に来た海外からのお客さんが多く、英語を使って接客をする機会が多々ありました。

業務で使う日常的な英語にはテンプレート化するような決まった言葉が多く、発音さえ気を付ければそつなくコミュニケーションを取ることができます。その為私自身あたかも英語が話せるようになったと錯覚をしてしまいました。

しかしホステルは旅館やホテルと違い、従業員とお客さんの距離が近いことが特徴です。したがって観光案内や雑談などその場で考えて話す力が必要になります。

この”雑談力”こそ必要な英語力だと気が付いた瞬間、私はまだ英語をはなせるようになっていなかったことを痛く思い知らされました。

ネットフリックスを使ったシャドーイング勉強法

”雑談力”をあげるために私が行った英語の学習方法はネットフリックスを使ったシャドーイングです。

ドラマや映画を英語の字幕付きで視聴し、視聴しながら字幕で出てくる英文を口にだしていくといった勉強方法になります。

これによってリスニング力が鍛えられることはもちろん、英語のスピード感に慣れるというメリットもあります。

また字幕に出てくる英単語が初めて見るものであればボキャブラリーの養成にもつながること間違いなしです。この勉強方法の秘訣はとにかく量をこなすことです。

オススメの英語上達法とはいえ、言語学習は一朝一夕に上達するものではありません。では量をこなすために必要なの要素は何か。

それは”楽しむ”ことです。ネットフリックスを使う理由はここにあります。個人的に映画やドラマ、アニメが好きであったため好きなことをしながら同時に英語学習を進められる、結果として”続く”勉強になったことが一番の上達への近道だと感じました。

リーディングの勉強法

ネットフリックスを使ったシャドーイングは最初のうちはひたすら字幕を読んで、発生をする作業です。

始めたばかりの時は、意味まで完全に理解する必要はありません。量をこなしていくうちに、同じ言い回しや頻出の単語がでてくることに気が付きます。

そのような単語を聞いた瞬間に「またこの単語か」「聞き取ることができたぞ」という体験を覚えれるとよりネイティブに近い感覚が身についていると言えます。例えば、「たしかに」「なるほど」といったよく使う相槌の意味をいちいち考えるでしょうか。

これらの言葉は聞いた瞬間に意味は感覚として脳が理解しているはずです。これはリスニングだけでなくリーディングにも応用可能なスキルだと言えます。

相槌のようによく使う表現がリーディングで出てくることはまれかもしれないですが、字幕を読んでなんとなく全体の意味を理解できるレベルになっているのであれば、リーディングでもその力は申し分なく通用するのではないでしょうか。

塊「チャンク」として英語を聞き取る

実践的な英会話の場面では、話せるようになっても相手の言っていることがわからなければ話になりませんよね。ではどうすればリスニング力が上達するのでしょうか。

私は、単語一つ一つの意味を聞き取ろうとするのではなく、チャンクとして捉えることが重要だと考えています。チャンクとは固まりの意味で、言葉のまとまりを聞き取ることが一つのコツだと思います。

特にTOEICのリスニングにおいて聞こえてきた単語の意味を思い出すしている間に次の単語が流れてきて、結局全体の文章を聞き逃すといった経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

私自身何度もこの経験をして点数を落とした覚えがあります。チャンクで捉える練習に必要なことは、英語に発音パターンを知ることにあります。例えば「I’m working on it」というセリフは「アイムウォーキングオンイット」と頭で変換してしまいがちですが、実際に聞こえてくるのは「アイム ウォーキンオニッ」という音で、実際にはアイムすらはっきり発音されないパターンが多く「ウォーキンオニッ」としか実際の会話では聞こえてこないでしょう。

しかしこのパターンを知っていれば、何が省略をされているのか理解でき、特に難しい言葉には聞こえないはずです。

KKtalking のInstagramアカウント

スマートフォンを使っている人であれば、高い確率でインスタグラムも使っているのではないでしょうか。

よくインスタグラムを見るよという方であれば特にオススメです。理由としては大きく3つあります。

一つ目は、電車移動や日常のちょっとした隙間時間で英語学習ができることにあります。普段会社に務めているサラリーマンの方でも空いた時間に熟語を手軽に学べるという利点があります。

二つ目はこのインスタグラムのアカウントにはネイティブのキャラクターが登場し、ネイティブが普段どのような言葉を使っているのか、今流行りの言葉は何かリアルタイムでかつ生きた英語を知ることができるもの魅力的です。

3つ目の理由は、英単語や熟語の紹介だけではなく、英語学習者向けに有効な英語の勉強方法を発信していることです。

勉強方法の具体的なノウハウを発信しているのでビギナーだけでなく上級者にとっても見逃せない情報を得ることができます。

メリット・デメリットとは

メリットとしては、ネイティブが使う英語を質の高い英単語を手軽に学習できる点です。単語帳や参考書を使っていく勉強方法も決して悪いことではありません。

しかしより実践的で応用が利いた英語を学びたい方にとって教科書にある英単語は果たしてネイティブが使う自然な英語なのだろうか、とう疑問を持つことも不思議ではありません。そんな不安を一瞬で払拭しくれる安心感があります。

デメリットとしてはインプット法としては絶大な武器になるものの、見るだけではやはり十分とは言えませんよね。言語学習はアウトプットをして吸収したものを血肉に変える必要があります。

このインスタグラムアカウントを使った学習では、毎日見ることで常にインプットを行い、覚えた単語を使っていくことで初めて真価が発揮されるもだと考えます。

おわりに

先述しましたが上がるか、上がらないかは継続するかしないかだと考えます。しかし英語は言語です。続けていけば誰でも身に着けられるスキルといっても過言ではありません。英語学習に必要な要素はセンスや自頭の良さではなく、質と量の継続だと考えます。

先述のネットフリックスを使ったシャドーイングは私にとって、質と量を担保したうえで続けることができた一番の教材だと言えます。何事も楽しむというエッセンスを食わることで、容易に継続は実現できるものだと信じています。

ABOUT ME
positivepower
positivepower
英会話に無駄な勉強してませんか?余計なことを削ぎ落としミニマリストを意識して最短ルートで英会話を取得しましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。