語学試験

TOEIC初心者から700点未満の勉強法紹介![中学基礎だけで十分か?]

TOEIC初心者や700点以下で悩んでいる人はTOEIC専門の問題集や参考書をするよりも違った方法で攻めた方が効率的に得点を伸ばすことが出来ます。

今回はTOIEC初心者から700点未満の人向けに実は中学基礎レベルで簡単に点数を伸ばす方法を紹介します。

TOEIC初心者から700点未満の勉強法紹介!

日本人はReadingやListeningが出来るとよく言われますが、私的には全然そんなことはないと思います。はっきり言って全技能においてレベルまだまだ発展途上です。先進国の中でここまで英語ができないことは国家的な損失だと思います。

日本人はすぐに「話せるようになりたい」と主張をしますが、話せるようには読み書きができないとまずは無理でしょう。これらは言い過ぎだと思うかもしれませんが、実体験に基づいていますしまずは基礎力の向上に徹してください。

【TOEIC】大学生におすすめ参考書「金のフレーズ」紹介・効果的な使い方大学生が就活や進学などでTOEIC受験を考えているのであれば、この記事を参考にしてください。余計な問題集や参考書に手を出すのはやめましょ...

「TOEIC初心者〜700点未満」勉強方法は中学基礎で十分です

最終的にはTOEICの公式問題集をひたすら解くようにする。そもそもTOEICで700点未満の場合は中学英語の内容が理解できていないケースが多いように思えます。また、TOEIC用の単語や熟語など頻出のボキャブラリーを覚えて使えるようにする方がいいと思います。

中学内容が理解できるようになった後は、高校内容、大学内容と少しずつ内容の高いレベルに移行していくべきです。いきなりTOEIC用対策をしたところで伸び率はあまり望めません。遠回りに思えるかもしれませんが、ありきたりな話にはなりますが、まずは基礎力向上に徹するべきだと思います。

生活リズムが改善された

英語を勉強するようになると周りの英語にも注目するようにもなります。例えば、服にプリントされている英語などです。また、スキマ時間を有効に使うようになります。日常生活の中で「忙しい」とよく言っている人がいますが、意外と空き時間はあるものです。

忙しい、忙しいと主張するのではなく、特に社会人の場合は電車などの空いてる時間で単語を勉強したり、歩きながら音楽を聞くのではなく、英語でシャドーウィングをしたり有効活用するようにしてみてください。

メリットとデメリット

中学内容から勉強することのメリットとしては分からない自分の苦手単元を中学レベルの基礎から学びなおせます。中学内容から高校内容、そして大学内容と移行することで着実にかつ確実に英語を伸ばすことができます。

しかし、デメリットとしてはかなりの時間を要することです。時間はかかりますが、確実に伸ばす方法は「継続」です。語学学習こそ『継続は力なり』です。「1日たった○分だけ」といった類の参考書に騙されないことです。テクニックはありますが、参考書でそういったことを言っているのは参考になりません。

まとめ

はっきり言って間違いなく伸びます。実際、私自身このやり方で伸びました。また英語が出来る多くの英語学習者もまた同じことを主張します。しかし日本人を始め、多くの人は継続して努力をすることを嫌いです。

だからダイエットや英語など「継続」を必要とすることはビジネスとしても人気なんです。やらない人・できない人が多いからこそ、次から次へと新たな方法が生み出されるのです。最も効率的なやり方は一つしかないのに楽をしてしまうんです。まずはコツコツ勉強を楽しみましょう。

ABOUT ME
positivepower
positivepower
英会話に無駄な勉強してませんか?余計なことを削ぎ落としミニマリストを意識して最短ルートで英会話を取得しましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。