英会話

【英単語の例文】一度学習すれば二度と忘れない!簡単暗記方法紹介

英語の例文や英単語を暗唱すれば、ある程度できるようになる!なんて話を聞いたことがあります。しかし、ただ闇雲に暗記するなんてナンセンスです。

せっかく例文や英単語を覚えるにしても目的を持って楽しみながらでないと勉強は続きません。今回は、一度暗記したら2度と忘れないテクニック!簡単暗記方法を身につける紹介しようと思います。

英単語や例文簡単暗記方法紹介

今回紹介する方法は非常にシンプルです。それは「ことわざ」を使って英単語や英語の例文を暗記する方法です。

インターネットで英語のことわざを自分で検索して、たくさんのことわざがリストしてある一覧表を見ては、一つ一つ意味を英語や日本語で調べて例文などをたくさん読んで理解して覚える、といった勉強法です。

今もほぼ毎週二回ぐらいは続けています。 たまたまですが、英語のことわざの解説の記事の執筆をバイトといった形で依頼されていたのを見つけ、その時に始め習慣となっています。

キーワードは「English idioms」などが多く、無限大に多くのことわざが見つかりますし、意味や由来、例文も多く見つかります。楽しいですし長い文章を読むわけではないので疲れません。

ことわざ勉強法をおすすめする理由

僕がこの勉強方法に出会ったきっかけは英語のことわざの執筆のバイトです。2000字ぐらいで毎週二回ほど、英語のことわざ一つをじっくり解説する記事を書いています。

記事そのものは日本語で書きますが、ことわざに関しては自らオリジナルの例文を作ったりするため、自分でもしっかりと意味を把握するためにありとあらゆるサイトで一つ一つのことわざの意味や使用例などを検索して頭に入れるようにしています。

自分のためにも良い勉強になるので、なおかつお金も少し貰えることはありがたいことです。

悩みは提出期限に常に追われることで多少のストレスになることがあることです。

暗記だけでなく英語力は身についた?

常に週に二回は英語のことわざを解説した記事を提出する義務があるため、常にそのことが頭にあることで多少ストレスが増えました。

自分の好きなときにだけすることではないので時間に追われることもあります。ときには解説するための良いことわざがなかなか見つからなかったりするので、そういったときは記事提出日に書き始めてかなり時間的に焦ってしまうこともあります。

しかし良いこともあります。ことわざの解説記事のために常に移動中なども例文を考えたり意味を思い出したり考えたりしているので時間を有効活用することができるようになりました。

学校の宿題と少し似たような提出物を要求されるので、自分のためではなく人に分かりやすいように解説する必要があるため、人に分かりやすい説明も毎日の生活の中でするようになったと自分でも感じています。

メリット・デメリット

私の今の勉強法のメリットは「勉強している」という感覚がないことです。依頼されている仕事のためにことわざを検索して意味を覚え、例文などを書いたりすることによって結果的に英語の勉強ができてしまっている、といったとても好ましいスタイルの学習法です。

お金をもらってやっている仕事ではなかったらここまで力を入れて丁寧にやっていなかったと思います。

デメリットは毎週決まって二回はことわざの解説記事を提出しているため、それである程度満足してしまいがちで、他の英語勉強は特にしていないことです。

本当は語彙を増やすために本を読んだり単語を覚えたりした方が良いのでしょうけど、そこまでする気力がなくなりがちです。

まとめ

すぐに使える英語が瞬間的に吸収されるわけではないけど絶対に必要な英語の知識が身に付くからやる価値は十分あると思います。

一応私はよく使われることわざを調べて解説する記事を書いていますが、自分が学習したことわざがすぐ次の日どこかで使うことができるか、また耳にすることができるか、と聞かれたらそれは決して保証できません。

むしろなかなか使う機会がやって来ないと思います。しかし先週たまたまアメリカ映画を観に行った際、自分が調べて解説記事を書いたことわざが映画にいきなり出てきたので、そのときには大きな喜びを感じることができました。

やはりこういった地味な勉強はいつ役に立つか分からないものだと思います。勉強は目に見える結果ではありませんが、その分結果として評価された時は、本当に嬉しいものです。そのためにも今日から頑張っていきませんか?

ABOUT ME
positivepower
positivepower
英会話に無駄な勉強してませんか?余計なことを削ぎ落としミニマリストを意識して最短ルートで英会話を取得しましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。