英会話

[英語・アウトプット]学習法能力の高い人の話し方の共通とは

英語の力を伸ばすために暗記や音読などのインプット作業だけで終わってませんか?本当に大切なことはインプット作業と一緒にアウトプット作業も意識することが重要です。

アウトプットって案外忘れがちになる分野ですが、ここを重点的にすることで暗記の定着つまりインプットができるようになるのです。今回は英語の点数が上がらない人向けにアウトプットを意識した勉強方法を紹介します。

英語力を伸ばすには単語を意識したアウトプット?

Free-Photos / Pixabay

まずは単語力をつけることです。英語力=単語力だと思って良いと思います。具体的な方法はアウトプットが効果的です。ある程度、単語力を身に付けると初めて見た単語でもなんとなく意味が理解できるようになります。 そうすると、英文がちょっとずつ読めてきます。読めてくると文法がなんとなく理解できます。

ここまでくると面白い英語の本を読んだりして英語力をあげるのがおススメです。 ただ、ここまで来るのに多くの場合は3年かかると言われています。

この時間をあなたはどう思いますか?まずは単語力をつけることです。書きながら読むことで効率良く頭に入ります。入ったらアウトプットして下さい。誰かに教えるか、ひとりで先生になりきってやってみて下さい。確実に力がつきます

単語をアウトプットすることで英会話力が伸びた

きっかけは学生時代に英語が苦手ながらも英語教師になりたいと思ったのがきっかけです。なりたい理由は単純で、尊敬する先生が英語教師だったからです。家で先生の真似をするようになってから劇的にテストの点が劇的に伸びました。

今思うとアウトプットをすることで理解力が増したからだと思います。そして、次に英会話ですが、単語力があればある程度内容の理解出来ます。具体的には日本にいる外国人とは意思疎通ができるレベルになります。

アウトプット学習方法は英語関係の仕事ができるほど成長しました

Free-Photos / Pixabay[/caption]

ある程度、英会話ができるだけで環境は大きく変わりました。地域柄、外国人の場所に住んでるのですが、まず道案内が出来るようになりました。次にそこから外国人の知人も出来ました。今では10人以上との交友があります。 生活面ですが、仕事が増えました。僕は副業ライターとして活動中ですが、英語を活用する仕事もできるのうになりました。英語の資格をとったのが大きいと思います。肩書きがあるだけで、信頼感が増して依頼も増えて生活も豊かになりました。

単語アウトプットのメリット・デメリット

メリットはひとりで出来ることです。塾や家庭教師に頼ることなく勉強ができます。ひとりでできるということは時間を気にせずに済むというメリットもあります。アウトプットは誰かとするも良いしひとりでもできるという勉強法です。 デメリットは時間がかかるということです。1時間で覚えるとすると、アウトプットで約1時間費やします。理解力は劇的に上がりますが、このように時間を要します。短期間で力をつけたい方には不向きです。

まとめ

結果から言って単語を意識したアウトプット学習方法で英語はできるようになります。理由は、現に僕ができるようになっているからです。他にも理由はあります。学生時代も塾の講師をしてましたが、そこでも生徒が先生役をするということを行なっていました。僕だけでなく、英語ができる多くの人がこの方法が良いといことを知ってます。 長期的に見るとこの方法は英語ができるようになると言えます。しかも、自己投資も少なくて済みます。なので、英会力をつけたい方にアウトプットはおすすめです。

ABOUT ME
positivepower
positivepower
英会話に無駄な勉強してませんか?余計なことを削ぎ落としミニマリストを意識して最短ルートで英会話を取得しましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。